カフェでおしゃべりを深化させるように問題を解決しよう:ワールド・カフェ

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:7 mins read

カフェには、時間の流れを少しゆっくりにするような、落ち着いて話ができる雰囲気がありますね。そのカフェの雰囲気を会議などに利用して、参加者をリラックスさせ、対話を促す仕組みがワールド・カフェです。 はじ…

続きを読むカフェでおしゃべりを深化させるように問題を解決しよう:ワールド・カフェ

リベレイティング・ストラクチャーで会議や打合を楽しくする

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:6 mins read

会議、委員会、プレゼン、報告会、ブレインストーミング、オープンディスカッション、、、従来からのスタイルのミーティングの多くは、本来あるべき目的を達成していません。形式的すぎて自由がないか、緩すぎてまと…

続きを読むリベレイティング・ストラクチャーで会議や打合を楽しくする

バリューとは?行動指針とは?:正しい行動と大きな成果を生み出す方法

  • 投稿カテゴリー:マネジメント
  • Reading time:8 mins read

バリューや行動指針は従業員が共通して持つべき組織の価値観です。正しく作成されたバリューや行動指針は、組織文化の根底をなし、あるべき文化の醸成を助けます。一方、強い意志やコミットメントがなく、一部の人だ…

続きを読むバリューとは?行動指針とは?:正しい行動と大きな成果を生み出す方法

なぜ個人と組織は自己防御するのか ~ defensive behavior ~ 組織編

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:9 mins read

人が防御機能を備えているように、組織も、脅威、恥、不安を感じないように防御機能を備えています。組織をコントロールして、知っている事を実行し、知らない事は議論しないように避ける防御機能です。これによって…

続きを読むなぜ個人と組織は自己防御するのか ~ defensive behavior ~ 組織編

認知的不協和って何? パーパスで個人や組織の矛盾を乗り越え成長につなげよう

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:8 mins read

私たちの脳は矛盾する情報を嫌います。脳は、頭の中に既にある信念と反する新しい情報に不快感を引き起こします。この状態を認知的不協和と言います。しかし一方では、人が成長するには認知的不協和を乗り越えていか…

続きを読む認知的不協和って何? パーパスで個人や組織の矛盾を乗り越え成長につなげよう

組織文化の変革その1:組織文化とリーダーシップ、組織属性との強力な磁力

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:7 mins read

組織改革や新しいビジネスモデルの開発には、組織文化の変革が必要です。そのためにはまず組織文化のタイプを知る必要があります。組織を支配する文化のタイプと、リーダーシップ、価値観、効率性、管理手法は、それ…

続きを読む組織文化の変革その1:組織文化とリーダーシップ、組織属性との強力な磁力

変革の書籍紹介:「カモメになったペンギン」~ ジョン・コッターの変革の8段階のプロセス

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:6 mins read

「カモメになったペンギン(原題:Our Iceberg is Melting)」は、組織変革の代表的なモデルであるジョン・コッターの「変革の8段階のプロセス」を南極の氷山に住むペンギンたちの寓話を通し…

続きを読む変革の書籍紹介:「カモメになったペンギン」~ ジョン・コッターの変革の8段階のプロセス

パーパス・ドリブン:会社は何のために存在するのか?

  • 投稿カテゴリー:マネジメント
  • Reading time:7 mins read

企業が存続し成長を続けるためには、強い目的と信念、意志を持って社会課題に正面から取り組み、顧客や従業員、社会から共感される存在であること、パーパス・ドリブンな(目的に導かれる)会社である必要が増してい…

続きを読むパーパス・ドリブン:会社は何のために存在するのか?

変革を阻む「Uncertainty:不確実さ」のパワー:その1

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:8 mins read

変化や変革の取り組みに心や体が付いて行かず、なかなか一歩が踏み出せないのは「Uncertainty:不確実さ」、つまり情報がない、先が見通せない、コントロールできない事が大きく影響しています。「Unc…

続きを読む変革を阻む「Uncertainty:不確実さ」のパワー:その1

チェンジマネジメント事例:働き方改革

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:8 mins read

2019年の調査によると企業の働き方改革の取り組みの約9割は失敗しているそうです。チェンジマネジメントの視点からなぜ多くの企業で働き方改革がうまく行かないのか検証します。 ~ ~ ~ ~ ~ チェンジ…

続きを読むチェンジマネジメント事例:働き方改革

デジタルトランスフォーメーション(DX)とチェンジマネジメント:DXは技術でなく経営課題

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:5 mins read

デジタル・トランスフォーメーション(DX)は、取り組みを進めている企業と、上手く進められない企業の格差が広がりつつあります。DXを単なるIT導入の技術課題ではなく経営課題と捉え、企業⽂化・組織改革とし…

続きを読むデジタルトランスフォーメーション(DX)とチェンジマネジメント:DXは技術でなく経営課題

変化・変革は、終わりで始まり、始まりで終わる

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:4 mins read

変化・変革が始まると、元々あった「状態、物事、やり方」が終わりを告げます。変化・変革が終わりに近づくと、別の新しい「状態、物事、やり方」が始まります。変革は元の状態の終わりと新しい状態の始まりを繋げる…

続きを読む変化・変革は、終わりで始まり、始まりで終わる

組織改革は「Minimum Viable Change(MVC)」で実現する

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:5 mins read

組織改革は大きな変革です。未知の環境に踏み出す旅のようで、一つの取り組みだけで達成できるものではありません。道中では予期せぬ事態も起こります。スタートアップ手法の「Minimum Viable Pro…

続きを読む組織改革は「Minimum Viable Change(MVC)」で実現する

組織改革マネジメント(OCM)のレディネス(自信)評価

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:5 mins read

組織改革マネジメント(OCM)では、改革の目的を明確にした後、組織のレディネス評価を行います。レディネス評価は、①文化、②オーナーシップ(コミットメント)、③キャパシティ(能力)の3点について、組織の…

続きを読む組織改革マネジメント(OCM)のレディネス(自信)評価

Organizational Change Management、組織改革、リーン/アジャイルのクロスオーバー

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:5 mins read

組織改革、OCM(Organizational Change Management)、リーン・アジャイル型経営、それぞれ出発地点は違いますが、いずれも目的とする所は同じです。 ~ ~ ~ ~ ~ チェ…

続きを読むOrganizational Change Management、組織改革、リーン/アジャイルのクロスオーバー

変革は「認知 ➡ 比較 ➡ 支持 ➡ オーナーシップ」を踏んでのみ成功する:その2

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:4 mins read

「認知 ➡ 比較 ➡ 支持 ➡ オーナーシップ」、世の中の変革がいかにこの手順を飛ばしてやっているか、そして散々な結果に終わっているか、枚挙にいとまがありません。ほとんどが「変革=チェンジ」をマネージ…

続きを読む変革は「認知 ➡ 比較 ➡ 支持 ➡ オーナーシップ」を踏んでのみ成功する:その2

変革は「認知 ➡ 比較 ➡ 支持 ➡ オーナーシップ」を踏んでのみ成功する

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:4 mins read

変革は、まずなぜ変革が必要かを「認知」して、変革のメリット・デメリットを「比較」し、メリットを確認した上で「やってもいい」から、「やりたい」という参加欲求までつながらないと成功しません。 ~ ~ ~ …

続きを読む変革は「認知 ➡ 比較 ➡ 支持 ➡ オーナーシップ」を踏んでのみ成功する