認知的不協和って何? パーパスで個人や組織の矛盾を乗り越え成長につなげよう

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:8 mins read

私たちの脳は矛盾する情報を嫌います。脳は、頭の中に既にある信念と反する新しい情報に不快感を引き起こします。この状態を認知的不協和と言います。しかし一方では、人が成長するには認知的不協和を乗り越えていか…

続きを読む認知的不協和って何? パーパスで個人や組織の矛盾を乗り越え成長につなげよう

書籍紹介「The Purpose Myth パーパスの神話:仕事ではなく、世界を変えよう」

  • 投稿カテゴリー:Social Change
  • Reading time:7 mins read

会社の存続と成長にパーパス(目的・存在意義)が必要なように、あなたも、長期的に充実し満足できる人生を送るためには、会社に頼りっきりになるのでなく、あなたの目的と存在意義を見つける必要があります。あなた自身のパーパスプロジェクトです。 (さらに…)

続きを読む書籍紹介「The Purpose Myth パーパスの神話:仕事ではなく、世界を変えよう」

DXだけでは足りない建設業界の真の課題:その2

  • 投稿カテゴリー:海外建設
  • Reading time:9 mins read

「いわゆるDX」だけでは他業界から引き離された建設業界の生産性は上がりません。こびりついた慣習とプロセスの見直し、そして古い企業文化の変化、つまり「物の見方・考え方」のフレームを変えなければ、DXの本…

続きを読むDXだけでは足りない建設業界の真の課題:その2

パーパス、ビジョン、ミッション:それぞれの意義と違い

  • 投稿カテゴリー:マネジメント
  • Reading time:8 mins read

会社の理念を示すものに、パーパス・ビジョン・ミッションがあります。パーパスは、「会社は何のために存在するのか?」という会社のそもそもの存在意義、ビジョンは、会社がどこに向かうのか、目的とする未来の姿で…

続きを読むパーパス、ビジョン、ミッション:それぞれの意義と違い

パーパス・ドリブン:会社は何のために存在するのか?

  • 投稿カテゴリー:マネジメント
  • Reading time:7 mins read

企業が存続し成長を続けるためには、強い目的と信念、意志を持って社会課題に正面から取り組み、顧客や従業員、社会から共感される存在であること、パーパス・ドリブンな(目的に導かれる)会社である必要が増してい…

続きを読むパーパス・ドリブン:会社は何のために存在するのか?

シリコンバレーのパーパスドリブンな建設会社:DPR Construction

  • 投稿カテゴリー:海外建設
  • Reading time:6 mins read

以前、建設産業で破壊的変革を目指す米国のカテラ社を紹介しました。DPR Construction社はカテラ社の25年も前に同じように建設産業に変革をもたらすため設立されました。DPR社は、最先端技術や…

続きを読むシリコンバレーのパーパスドリブンな建設会社:DPR Construction