ロジカル・ファラシー Logical Fallacy:私たちの論理の誤り

  • 投稿カテゴリー:マネジメント
  • Reading time:7 mins read

私たちは毎日、自ら議論に参加したり、他の人たちの議論を聞いたりしています。議論は「前提」と「結論」で構成されますが、相手の前提や論理の誤りに特に疑問に思うことなく、知らず知らずのうちに相手の思うように…

続きを読むロジカル・ファラシー Logical Fallacy:私たちの論理の誤り

意思決定の仕組み:個人の能力の限界と、組織の弊害

  • 投稿カテゴリー:マネジメント
  • Reading time:7 mins read

私たちは個人も組織も社会レベルでも、新しい課題への対応のための意思決定が求められています。しかし、私たちは認知処理能力の限界のため、「完全に合理的」な意思決定を行うことはできません。そのため、「十分に…

続きを読む意思決定の仕組み:個人の能力の限界と、組織の弊害

変革の書籍紹介:「How to Change 変化の仕方:今いる所から行きたい所へ進む科学」

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:7 mins read

●既に習慣化している事に、新しく習慣にしたい事を付け加える ●「毎日ランニングする」のように厳格化せず「週3回走る」から始める ●失敗した人を励ましたいなら、その人に、別の失敗した人を励ますようにお願…

続きを読む変革の書籍紹介:「How to Change 変化の仕方:今いる所から行きたい所へ進む科学」

保有効果(Endowment effect):自分の持ち物は、他人の同じ物より価値が高い訳

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:7 mins read

人は、自分が持っている物を、他人が持っている全く同じ物より価値があると信じます。これを「保有効果(Endowment effect)」と言います。組織も同じで、自社の技術等を過信し衰退していった会社の…

続きを読む保有効果(Endowment effect):自分の持ち物は、他人の同じ物より価値が高い訳

変革を自己への原点回帰で達成する:創業時のチャレンジ精神を思い出せ

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:4 mins read

変革は時に以前の状態に戻ろうというメッセージで達成されます。創業時は、情熱にあふれ、チャレンジ精神にあふれていたものの、年月を経て失敗を許さない保守的な姿に変わってしまう企業は多いです。そのような会社…

続きを読む変革を自己への原点回帰で達成する:創業時のチャレンジ精神を思い出せ

「ナッジ理論」で組織改革・チェンジマネジメント

  • 投稿カテゴリー:Change Management
  • Reading time:4 mins read

ナッジ理論は「相手に選択する権利を与えつつ、ヒジで軽く突くように、特定の選択肢に誘導させる」理論です。「Minimum Viable Change(MVC)」=小さな変革を実現する効果的なツールです。…

続きを読む「ナッジ理論」で組織改革・チェンジマネジメント